ドラッグストアのインフルエンザに関する解説するサイト

風邪との違い

風邪とインフルエンザは症状が似ていますが全くの別物です。風邪は初期症状が鼻やのどの症状が現れますが、インフルエンザの場合は38度から40度の高熱が出るのが特徴です。また、風邪とインフルエンザではウィルスの種類から違っています。高齢者や赤ちゃんの場合はインフルエンザだと命に関わることもあるので、その点は風邪と大きく違うでしょう。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

スペイン風邪や香港かぜでも分かるように、流行しやすいのがインフルエンザです。そのため、ただの風邪の場合はマスクをして外出をすることがありますが、インフルエンザと診断された場合は診断書をもらい、登校・出社は控えるように言われます。インフルエンザは発症した本人に苦痛をもたらすだけでなく、まわりにいる人にも感染しやすいやっかいなものなのです。筋肉痛や関節痛を伴うインフルエンザに対して風邪はそういった症状はあまりなく、倦怠感などもほとんどありません。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

インフルエンザは合併症も起こしやすく、肺炎や気管支炎、脳症や細菌性の脳炎などに注意が必要です。風邪で合併症を起こすということはまれなことです。インフルエンザにかかるほうが重症化しやすいですが、だからといって風邪だから大丈夫というわけではありません。風邪をひいたときもしっかりと栄養をとり、ゆっくりと体を休ませて体調を整えましょう。

 

ドラッグストア