ドラッグストアのインフルエンザに関する解説するサイト

ウイルスの増殖

検査結果が出るのも早く、所要時間は30分です。ただ検査をするタイミングがあり、発熱してから24時間以降48時間以内に検査をするべきとされています。

 

これはウイルスの増殖のピークが48時間後だからです。新型インフルエンザが流行した際、高い高熱が出たためにすぐ病院へ行ったが「1日様子を見てください」と家に帰されたという経験をした人もいます。

 

インフルエンザが発症した直後は正しい検査結果が得られにくいことが理由のようです。48時間以内と言われている理由には薬も関係しています。抗ウイルス薬の効果は発症してから48時間以内でないと効かないのです。

 

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

 

インフルエンザにかかった場合は、発症後2日目がかぎになります。検査キットを使った方法とは別に、血液検査もあります。

 

HI法とCF法の2種類があり、ワクチンの効果をみるためにはHI法が使われています。今ではほとんどの医療機関で検査キットが使われていて、血液検査を行う医療機関は減っています。

 

薬剤師 求人 大阪
薬剤師 求人 神戸