ドラッグストアのインフルエンザに関する解説するサイト

風邪薬を飲むとどうなるか

薬局に行けばいろいろな風邪薬が置いてあってどれを買うか迷ってしまいます。本来ならば薬剤師に症状などを話していくつか選んでもらうことが理想ですが、もし自分で選ぶとなると迷ってしまいます。ほとんどの人が風邪の症状から選ぶでしょうね。風邪薬にはいろいろな成分が入っています。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

抗ヒスタミン剤はくしゃみや鼻水に効果を発揮します。解熱成分の一つにアセトアミノフェンやイブプロフェンなどがありますが、これはCMなどでもよく聞く成分ですね。他にものどの炎症を抑える塩化リゾチームやせきを抑える成分などもあります。漢方薬の風邪薬もありますが、風邪の症状や重症度、体質などでも飲む漢方薬が変わりますので、まずは薬剤師の相談したほうがよいでしょう。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

風邪薬を飲むとそのほとんどが胃、小腸、大腸で吸収されていきます。薬の成分は血中に入り全身に行きわたりその効果を発揮します。薬は最終的には肝臓で何の作用もない物質に変わり、水に溶けやすい化合物を作り分解されます。そして肝臓でろ過されて排泄となります。この代謝と排泄の速度が遅く、薬の成分が体内に長く留まっていると体内に薬物が蓄積されます。そのため薬の飲むたびにその作用は強くなって中毒反応を起こすこともあります。また、薬によっては目的以外の効果が現れることを副作用と呼び、体に悪い影響だという考えが一般的なようです。

 

薬剤師 転職