ドラッグストアのインフルエンザに関する解説するサイト

新型インフルエンザ

インフルエンザの流行は毎年起こってきましたが、新型インフルエンザは人類がこれまでに経験したことのない新しいウイルスです。ほとんどの人が抗体を持っておらず、人から人へと爆発的に広がりを見せました。その症状は呼吸困難や意識障害、おう吐や下痢などがあります。2009年に起きた新型インフルエンザのウイルスは、元をたどれば豚インフルエンザウイルスでした。そこへ鳥インフルエンザウイルスとヒトインフルエンザウイルスの遺伝子も持ち合わせるという、新しいウイルスが出来上がったのです。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

新型インフルエンザが大きく騒がれた理由として、新種のウイルスのために抗体を持っていないことと、新型インフルエンザにかかった際には会社を休むため、社会機能に影響が及ぶ可能性があったからです。また、毒性は弱いと言われていましたが、ウイルスの毒性が強くなり重症化するかもしれないと思われていたからです。ワクチンに関しても、全世界の人がワクチンの予防接種を受けられるほど生産が追い付いていないと大騒ぎになり、日本では海外から輸入する事態にまでなりました。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

今では新型インフルエンザのワクチンを受けることもできるようになり、事態は落ち着いています。逆にワクチンが余っている状態で、新型インフルエンザの影響はほぼなくなったと言っても良いでしょう。

 

ドラッグストア