ドラッグストアのインフルエンザに関する解説するサイト

過去に流行したインフルエンザ

2009年に流行した新型インフルエンザ。それ以前にもインフルエンザが大流行したことがあります。有名なのは1918年のスペイン風邪でしょう。スペイン風邪は驚くほど速いスピードで世界中に広がっていきました。スペイン風邪で命を落とした人は約5000万人にも上ると言われています。当時は強い病原性や感染力の正体は全く分かっていませんでした。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

その後原因を突き止めるべく研究が続けられ、スペイン風邪の原因がわかりました。研究の結果、原因は鳥インフルエンザウイルスでほんの少しの変異で人へと感染する力を手に入れたようです。香港風邪も大流行したインフルエンザと言えるでしょう。1968年に香港で一気に広がりを見せたインフルエンザで、その後中国、台湾、東南アジアへと拡大していきました。その年の9月に日本でも発症しています。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

香港かぜも新型インフルエンザの影響であり、全世界で5万6千人もの犠牲者を出しました。アジアかぜも世界中に猛威をふるったインフルエンザです。1957年に香港で発症し、その後は東南アジアや日本、オーストラリアと拡大していき、さらにはアメリカ、ヨーロッパなどへも広がっていきました。アジアかぜでは5,700人もの人が亡くなっており、抗生物質が開発されている時代に入ってからの大きな影響をもたらしたインフルエンザでした。

 

ドラッグストア