ドラッグストアのインフルエンザに関する解説するサイト

治療法

インフルエンザを発症し病院へ行くと、治療方法として抗ウイルス剤を処方されます。これは体内でウイルスが増加することを抑えるもので、医師の処方が必要な薬です。インフルエンザウイルスは48時間後に増殖のピークを迎え、その後はゆっくりと沈静化していきます。そのため、48時間以内に抗ウイルス剤を飲むことが望ましいと言われています。抗ウイルス剤にはタミフルやシンメトレル、リレンザという薬がありますが、こうした薬に抵抗のある人もいるでしょう。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

では、抗ウイルス剤以外にもインフルエンザの治療法はあるのでしょうか。まず市販の風邪薬を思い浮かべますが、これは効果が期待できません。子供が高熱を出した時、大人が使用する解熱剤は避けたほうが良いです。小児に使用すると危険な成分が多く含まれる場合が多く、重体になってしまう可能性もあるため避けましょう。早く治したいなら抗ウイルス剤に頼らざるを得ないようです。インフルエンザも風邪の一種ではあるので、発症したら十分に休養し、栄養をとることが何よりも大切です。もし高熱が出た場合には水分をこまめに補給し、頭を冷やすといった基本的なことが効果を発揮します。病気にかかるということは、それだけ体が疲れているということ。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

まずは睡眠をとって安静を保つことが大切です。インフルエンザにかかったときは仕事のことなどは横に置いておいて治療に専念することをおすすめします。

 

薬剤師国家試験